そうです。ココが東京から1番遠いんです。

そうです。ココが東京から1番遠いんです。

高知の西の端で、自然と関わりあいながら暮らしています。時に発信したいことを書き、時に日記のような雑記ブログです。

【感想】5分で2万円手に入るアプリ"CASH"で価格査定してみたけど・・・微妙

 

f:id:kafungakowai2nd:20170827182432p:plain

こんにちは。
プロひとりっ子のRYOです。 (@mr_naganosan)

相変わらず暇を持て余して、ひとり遊びできるネタを探しています。

今日は、最近話題になっている質屋アプリCASHというアプリで家にあったものを価格査定してみたんですが、結果からいうと『もう使わない!』って感じでした。

今回はそんなアプリCASHの説明と使ってみた感想です。

 

質屋アプリCASHとは

f:id:kafungakowai2nd:20170828023323j:plain

 最近WEB上で話題になっているCASHというアプリがあります。

簡単に言えば、アイテムの買取アプリ。

家にある、いらなくなった服や家電なんかを買い取ってくれるアプリです。
ただ、それならヤフオクでもメルカリでも同じようなもの。

このCASHが他と違うのは、買い取ってもらったアイテムを現金化するまでの時間の早さ!

なんと現金受け取りまでおよそ5分!

品物の査定だけでいえば、数秒。

 なぜそのようなことが可能なのか?


仕組みとしては、まず手元にある商品を撮影します。
その撮影した写真をCASH側に送信するだけで価格の査定をしてくれます。
すると、わずか数秒(通信状態によってはもう少しかかります。)で買取価格が画面上に表示されるのです。

そこで提示された金額に納得すれば、画面に表示されている『キャッシュする』というボタンを押します。
すると、これだけで現金化に成功。

あとは、コンビニか銀行で出金ができるのでその日のうちに現金を受け取ることができるんです!

なんというアプリ!

ちなみにアイテムは、後日CASH宛てに発送するか、もしくは決められた期限以内に受け取ったお金を返すか。の二択ということらしいです。

f:id:kafungakowai2nd:20170828023611j:plain
※今は2ヶ月ではなく2週間になっています。

要は現代版の質屋ということです。

それなのに、登録は電話番号認証だけという手軽さ。
電話番号を登録後に、ショートメールが届くので届いたショートメールに記載されている4桁のコードを入力すれば、それだけで誰でもアプリが使うことができます。

 

CASHはまだまだ問題がたくさん!

正直なところ、問題点は山積みのようです。
いくつもあるようですが、利用者にとっての問題点は

・お金を扱うにもかからず登録は携帯の番号のみ

・買取価格の上限が2万円

・買取の価格設定が送信した写真と関係ない

2番目の『買取価格の上限が2万円』ということは、どれだけ価値があるものを売っても、2万円が限度ということ。

高価なものなら別の手段で売った方がいいということですね。
それならまとめて、他で売るわ!って話です。

特に最後の『買取の価格が送信した写真と関係ない』というのはかなり問題だと思いますが、
アイテムの撮影前にブランドと、コンディションを入力して、そのあとにアイテムの撮影作業に入ります。

ブランドの設定を『iPhone7』として写真は全く関係ないモノを送ってみた猛者がいたらしく、はじき出された査定額はなんと2万円!

つまりこれ、写真なんて関係なくて入力したブランドとコンデションだけで判断している様子。

なんと雑な・・・。

ちなみに実験された方のサイトはこちら。

更にCASHは6月にリリースされたましたが、たくさんの問題点があり、わずか16時間ほどでサービスが一時中断していました。

 

最近になりやっと復活しました。
しかし、改善されたところもありますが、上の問題をはじめ、まだ改善されていないところがだくさんあるようです。

もう、この時点で僕のような素人ブロガーが問題点を書いただけでこんなにたくさんあるんですからね。前途多難です。

まだまだ始まったばかりのアプリなので今後どうなるか分かりませんが楽しみなアプリでもあります。

 

売る気はないが査定してみた

今回アプリが復活して、一日の取引金額が設定されました。
アプリ内での取引額が1000万円に達するとその日の取引は終わってしまうようです。

f:id:kafungakowai2nd:20170828024320p:plain

僕がアプリを開くのは大抵午後なんですが、午後にはすでに取引が終わっていますね。だけど価格査定はいつでもできるようです。
なので、取引ができなくなってからだと間違えて売ってしまうこともないので、夜に遊びで査定してみました。

基本的には多少名前の売れているブランドものしかできないようです。
僕は、あまりブランド物の商品は持っていないんですよね。

頑張って家の中を探していたら、20台前半の時に買ったストリート系ブランドのものが出てきたのでそれを査定します。

f:id:kafungakowai2nd:20170828161131j:plain

 ではまず、アプリを立ち上げて下にあるキャッシュというボタンを押します。

f:id:kafungakowai2nd:20170828160256j:plain

そして次の画面でブランドとカテゴリー、コンディションを決めます。

f:id:kafungakowai2nd:20170828160314j:plain

実質この入力だけで査定価格が決まるようなもんですが・・・一応アイテムの撮影していきます。

まずはJOY RICHというブランドのTシャツ
柄が分かれば大丈夫だろうと、たたんだままの撮影です。

f:id:kafungakowai2nd:20170828022521p:plain

結果は・・・

f:id:kafungakowai2nd:20170828022428p:plain

まぁコンディションもよくなかったので、一番よくない『全体的に状態が悪い』というのにチェックしたのでそんなもんだと思います。

次はape(エイプ)という猿人をモチーフにしたブランドのスニーカー。
一時期ストリートブランドの中ではものすごい人気で、ものによってはいまだにプレミアな値段が付いているほど。
状態もそこまで悪くないし、コンディションも下から3番目の『軽度のダメージあり』にして査定を開始。

f:id:kafungakowai2nd:20170828023000p:plain

結果・・・

f:id:kafungakowai2nd:20170828022428p:plain

なんだよ。また500円かい!
全部500円て出るんじゃねーの?

と思い、次のフェノメノンというストリートブランドの中でもハイブランドのパーカーを査定してみました。
さすがにこれはもう少し高いだろうとは思いますが、分かりません。

f:id:kafungakowai2nd:20170828022829p:plain

結果は・・・

f:id:kafungakowai2nd:20170828022700p:plain
よかったー。古着は500円統一っていうワケではなさそう。

最後にもう一点のリーボックというブランドの靴も査定してみましたが500円だったので画像は割愛させていただきました。

結果:500円×3
   1400円×1

合計: 2900円

 んー。4点で2900円。
これをどうとらえるかですが、現金がすぐに必要な方にはいいかもしれませんね。

僕の場合はすぐに現金が欲しい状態はあまりないので、今のところ不要です。
それに、他で売った方がもう少し高く買い取ってくれるのでは?とも思います。

もしかしたら、ジャンルによっては納得のいく値段で買い取ってくれるものもあるのかもしれません。 

結果:現段階ではやめておいた方が良さそう

アプリが整備されていないので、いつトラブルが起きるか分からない状態だと思います。
社会実験的なところもあるので、もう少し様子をみてからの方がいいと思いました。

ただ査定するだけならいいと思いますが、間違ってキャッシュしたら大変なのでそこは気をつけてください。
本気で売るならメルカリやオークションサイトを使った方が今はまだ良さそうです。