そうです。ココが東京から1番遠いんです。

そうです。ココが東京から1番遠いんです。

高知の西の端で、自然と関わりあいながら暮らしています。時に発信したいことを書き、時に日記のような雑記ブログです。

芸能界で活動していくために必要だと思う5つのこと

f:id:kafungakowai2nd:20170730171333j:plain

芸能界を目指していた元役者の僕の視点で必要と感じた要素です。

 

はじめに


初めまして。
このブログをご覧いただきありがとうございます。
このページを読まれているということは、
少なからず芸能界に興味があるということだと思います。

僕も芸能活動をしていましたが、
才能もなかったので、
全国で活躍することはできませんでした。

しかし、嬉しいことに、
地元ではテレビにも出させていただいて、
たくさんの方に知っていただけました。

今回は活動していた時に感じたこと、
芸能界で売れるために必要と感じたことを5つ紹介します。


 

1. 感謝の心


結局これが一番大事です!

芸能界って特殊に見えますけど、
普通の社会人になるのと一緒です。
働いてるのは、同じ人間同士なんです。

だけど芸能人になるとチヤホヤされます。
それを勘違いして感謝を忘れると、終わりなんですよ。

島田紳助さんがよく「愛が大事」
といっていましたね。
愛は感謝のさらに上です。

番組を裏で支えるスタッフがいるんです。
その一人一人のおかげで、芸能人がテレビに出れるんです。

これだけは、絶対に必要です。

感謝の心を持てない人は、
芸能界なんて目指すべきではありません。


感謝すること!

これだけは忘れてはいけません。

 

 

 

 

2. 「努力」ができるのも才能!


毎日、当たり前のようにルーティンができる人がいます。
そんな人は、それが当たり前で努力と思っていないなんて言いますね。

本を読んでも努力と思わないから続けられる。
なんて書いてますよね。
それは理想ですが、普通の人には無理ですよね?
遠回しに諦めろ!て言ってるようなもんです。

そこで大事なのが「努力」できる力です。

これも才能です。
何にでも全力で取り組める人はどの業界でも成功します。
才能がなくても努力する姿は、
人の心を動かすんです!

人の何倍もやってこそ努力です。
自分の中では「努力」した。それはただの自己満です。

 


認められるくらい努力すれば、

何かの形でちゃんと返ってくる!

 

 

 

3. コネは大事だが
どんなコネでもいいワケじゃない


なんだか黒い感じですが、
コネは大事です!

テレビをつけると、
どこ見ても2世タレントばかりですね。
そりゃあ親が有名芸能人ていう最強のコネ持ってますからね。

どの業界でもそうですね。
内部に知り合いがいるというのは有利なんですよ。

一般の人は、芸能界を目指してから、
コネを作っていくと思いますが
ここで落とし穴です!

芸能人だけでも多いのに、裏方さんも含めると
関係者は星の数ほどいるんです。
猫も杓子も芸能関係者みたいなもんですよ。ホントに。


だからこそ、
その中で自分に必要なコネを見極めることが大事です!


親しくなった人が芸能事務所の社長でも、
力のない事務所なら、
所属したことで人生を棒に振るかもしれません。

損得で動くのはいいことではありませんが、
その人が信用できるのか?
自分の進みたい方向と合っているのか?

それを考えるのは最低限必要です。
自分の人生なんですから。

 


大事なのは、
自分に必要なコネを築くことです!


 

 

4. 個性も大事


テレビを見ていると、
個性的な俳優さんをよく見かけますが、
その見た目にあった芝居をされていますね。

「キモい」と言われるような芸人さんも、
身体的な特徴を武器にしていますよね。

一人一人、顔も身長も全て違うんですから、
そんな自分を売り出していけばいいんです。
自分にしかないもの。

一般的にいう個性ですね。
しっかりと自分の個性を出せている人は非常に強いですよ。

その人にしか出せない空気感であればあるほど、
その人が必要になりますから。

個性を見つけるコツとして、
意外と自分よりも周りの人の方があなたの個性に気付いてますよ。


個性を磨いて、
あなたにしかできないことを見つける!

 

 

 

5. 世間の需要を読む


 今世間で何が流行っているのか考えるのは大事です。
今更、演歌を歌っても売れませんね。
アニソン歌う方が全然売れます。

流行っているものに乗っかれというワケじゃありませんが、
意識するのは必要です。

先ほどの個性と合わせて、
自分に対して世間が求めているものを考えるのも大事です。


例えば、西野カナさんは、
完全にOLや独身女性をターゲットにしていますね。
特定の層に当てていくのも大事です。

 

世間が何を求めているのか、
自分をどう売りたいのか?



自分をセルフプロデュースする!

 

以上の5つが、
僕が芸能活動をしていて必要と感じたものです。

 

 

最後に


ざっと考えて見ると、
これくらいは必要かなと思いました。

最後の需要を読むことなんかは一人で考えることはないと思いますが、
必要なことですね。
もちろん芸能界を目指す方の中には、
圧倒的な才能がある方もいるので、
そんな方には必要のないアドバイスかと思います。

だけど夢があるのは素晴らしいことです。
少しでもアドバイスになればと思います。