そうです。ココが東京から1番遠いんです。

そうです。ココが東京から1番遠いんです。

高知の西の端で、自然と関わりあいながら暮らしています。時に発信したいことを書き、時に日記のような雑記ブログです。

テイクアウトも可能!高知県西部の本当に超ローカルB級グルメ

f:id:kafungakowai2nd:20170720162742j:plain 

高知のB級グルメについてまとめて見ました。

 

高知県は美味しいものが多い

 

 高知のグルメで思い浮かぶものって「カツオのたたき」くらいしかないんじゃないでしょうか?

でも意外と高知は美味しい食べ物が多いんです。
高知県は豊かな自然にかこまれているので、新鮮な食材が多いんです。
ですので高知では食材の味をそのまま生かした料理が多いです。

旅行誌「じゃらん」のご当地のものが美味しい都道府県ランキングでは毎年上位3位以内には食い込んでおり、

全国的にはグルメ県としての知名度はまだまだ高くないですが、高知県を訪れた方には満足していただいてます。

 

B級グルメは探すのが難しい

 

ご当地の美味しいものを食べようとすればガイドブックやインターネットで検索すればすぐに出てきますが、B級グルメとなると情報量が少ないためなかなか見つけづらいです。

見つかってもその地域でそれが食べれるのか、本当に美味しい料理なのか判断するのは難しいところです。

観光センターなんかにあるパンフレトであれば情報はたくさん載っていますが今時わざわざ観光案内所に行く方は少ないかと思います。

事前に下調べをして行かれる方が大半だと思います。けれど、インターネットでは
「これがおすすめだ!」と一目でわかるよう、まとめられたサイトは見つけられませんでしたので(僕の検索力ではですが・・・)

今回はB級グルメの記事ということもあり、テイクアウト(持ち帰り可)のグルメ3つを紹介します。

旅の参考にでもなれば嬉しく思います。

  

ペラやき

 

f:id:kafungakowai2nd:20170713161510j:plain

 今では少し有名になりましが土佐清水市のペラ焼きです。
一見お好み焼きにも見えますが、入っている具材はシンプルで魚のすり身とねぎと卵のみです。

発祥は数十年前に「西村」という店の奥さんが作ったのが始まりで、今では市内の多くのお好み焼き屋さんで提供されています。

元祖となった西村も引き継いだ2代目と更に3代目が親子で営業しています。
おやつとしてもお昼ご飯や晩ごはんとしても食べることがで、子どもから大人まで時代を超えて土佐清水市のソウルフードとなっています。

(※お店によりますがテイクアウトも可能です。西村は事前に電話をしてけば到着までに作っておいてくれます。)

f:id:kafungakowai2nd:20170713162837j:plain写真は西村の外観

 

 四万十豚串

 

f:id:kafungakowai2nd:20170713161539j:plain

 四万十町の名産である四万十豚を使った豚串です。
これが柔らかくてタレも最高に美味しいんです!
しかも1本¥300とかなり安いです!

ただこちら、店舗があるわけじゃないく屋台となっています。ですので、見つけるのが至難の技。
よくよく調べてみると屋台を出してるお店は2社ほどある様子。両方食べたことはあります。

食べ比べをしたわけではないので細かな味の違いまではわかりませんが、どちらも美味しかったことは確かです!
一箇所は先ほども登場した四万十町にある、「あぐり窪川」の中に四万十豚串として販売しています。
こちらは1本¥350でした。 

もう一つは「しまん豚」という名前で県内のイベントなどで出店しているようです。
こちらは出店情報などがフェイスブックに掲載されています。

しまん豚のFacebookサイト
https://ja-jp.facebook.com/shimanton/

ちなみにフェイスブックには掲載はされていませんが、うちの地元にあるフジグラン四万十というスーパーの入り口では高確率で出店しています。
ただの大型スーパーですので行かれるタイミングはないかもしれませんが・・・

f:id:kafungakowai2nd:20170713162801j:plain

どちらも100%出店しているわけではないみたいなので(僕の経験上)、もし見つけることができたらぜひ食べてもらいたい絶品グルメです!!

 

 苺氷り(いちごおり) 

 

f:id:kafungakowai2nd:20170813213310j:plain

 最後はスイーツです。
と言ってもかき氷なので、夏場はいいかもしれませんが、冬には辛いかもしれません・・・

高知県大月町発祥の苺氷り(いちごおり)です。

大月町で採れたイチゴをそのまま氷に閉じ込めて、かき氷にした一品です!
シロップだけでは出せない本物のイチゴの風味を味わうことができます。
苺氷りに使われるシロップはアレルギーの方にも配慮されたシロップです。

元々は大月町にある『道の駅ふれあいパーク大月』の内でしか食べることができませんでしたが、今現在は県内各所はもとより全国展開しており、県外でも食べることが可能です。
ホームページはこちら: 苺氷り本舗 株式会社

苺氷を作っている苺氷本舗さんのHP内から、食べることのできるお店の住所の一覧ページに飛べます。

ふれあいパーク大月の行き方や幡多地域の綺麗な景色はこちらにまとめています。

 

 

最後に

 

今回はテイクアウト可能なものに絞った為3つだけの紹介でしたが、高知には美味しいご当地グルメはまだまだたくさんあります。
今回紹介しきれなかったものも、ゆくゆくはまとめていきたいと思っています。