そうです。ココが東京から1番遠いんです。

そうです。ココが東京から1番遠いんです。

高知の西の端で、自然と関わりあいながら暮らしています。時に発信したいことを書き、時に日記のような雑記ブログです。

wi-fi圏外の田舎でブロガーになったらメリットしかなかった話

 

f:id:kafungakowai2nd:20170818213456p:plain

 実家に帰ってきてブロガーになったら、まさかの実家がwi-fi圏外でした。
wi-fiの全国カバー率が99%といわれるこの時代に、wi-fi圏外というのは考えてもいなかったことです。

しかし始めてみると思いのほかメリットが多かったので、そのことについて少しまとめてみました。

 

 

ライバルが少ないから情報を独り占め

 
こんにちは。RYOです。(@mr_naganosan)

本格的にブログを始めてから2ヶ月ほど経ちましたが、文章を必要以上にけずってみたり、変に煽ってみたりと、完全に迷走しております。

だけど、こうやって少しずつ慣れていくのだろうと信じて毎日、試行錯誤しております。

さて、こんなことをいっておりますが冒頭でも言ったとおり、
僕の住んでいる地域はwi-fi圏外なんです。

つまり家で作業することがとても難しいので、今もマクドナルドで作業してます。
文章を書くことはできるんですが、デザインを変えることやネット環境が必要な作業はなかなかできません。
どうしても必要なときは、携帯の電波が入るのでそれを使ってネットを繋げたりしています。

正直とても不便で、
始めはそういったマイナスの点ばかりが気になっていましたが、途中からメリットにも気づき始めました。


そもそも、ですね。
ブロガーが仕事をする上では、ネット環境が整っていることが最低限の条件なんですよね。
むしろそれさえあればミニマリストにもなれますし、山奥で仙人でも何でもなれます。
それだけネット環境は大事なんですよ。
つまり、
wi-fiが入らない環境というのはブロガーにとっては致命的です!

というか、wi-fi入らない環境なんて論外です。

ネット環境の中にいないブロガーなんて、水のない地球にいる人間と同じです。
死んじゃいます。

こんなコトを言えるのも実際始めてから知ったコトですが、ブロガーってものすごく作業の種類が多いんですよ。

テーマを決めるとことろから始まって、それについて調べて、文章を書いて手直しする、画像をかっこよくしたり、ブログのデザイン変えたりと。
全部一人でやらないといけないのに、ネット環境が整っていないというのは大きなマイナス要素なんです。

となるとですよ、わざわざあえてその街に行きたいとは思いませんね。 

その街に、なにか思い入れがあるとか好きなものがあるというなら話は変わってきますが、仕事の面だけで見ると全くいい環境ではないんです。

ホントに、その街が気にいったブロガーさんなら家を借りて住むかもしれません。

その場合は、家に回線を引くなどしてネット環境を整えると思われますが、もともと地域の魅力を発信をしようとしてネット環境の整っていない場所を選ぶというのはハードルが高い気がします。
あえてそこを選ぶ理由はあまりないですね。

そうなると元々住んでいる人たちくらいしか情報を発信する人がいないワケですが、田舎ではあまりそういう考えを持つ人は少ないんですよね。

自分の町のコトを発信することにあまり興味ない人が多いです。

なので、結果的にあまり発信をする人がいない環境ということになるんですよ。

するとどうなるか?

検索される件数に対して、発信される数が少なければより良い情報を発信している人のところへアクセスが集まりますね!

つまり地元ネタに関してはほぼ独占状態になれる可能性が高いということです!

 

僕の地元『土佐清水市』は1ヶ月に9000件の検索がある

 
僕の地元は高知県の最南端の町で、なかなか来ることのできない『陸の孤島』と呼ばれているような場所ですが、それでも『土佐清水市』というフレーズの月間の検索件数は9000件です。

1ヶ月の間に日本全国で9000回『土佐清水市』というフレーズが検索されているということです。
県内の方が多いのかもしれませんがたくさん調べられているのは嬉しいです。

だけど『東京』とかで調べると100万件近く検索されているみたいなので驚くような数字でもないです。

で、問題はこの数字に対して、どれだけの人が情報を発信をしているかということです。
発信をしている人というのは、ブログでもホームページでも何でもいいです。
読んでいる人が欲しい情報を、提供している人ということです。

先ほども言ったとおり発信する人がほとんどいないような環境で良い情報を発信し続ければ、多くの人が僕のページを見ることになるわけですから、かなりの検索流入があると考えられます。

そう考えると、wi-fi圏外のような場所で発信することはメリットのように感じます。 

 

検索件数が多ければ多いほどいいわけではない。

 
ただし、いくらたくさん検索されているからといって東京の話題をたくさん書いたり、『東京』という言葉を記事に盛り込んでみたりしても、
同じように発信している人が多いのでなかなか自分のページに見にきててもらえないです。

どのくらい月間で検索されているのがいいフレーズかというと、

だいたい2000件〜4000件が位がいいとされています。

ただ、人によりますね。これは。
ブログを始めたばかりで記事も少ない人は、1000件〜2000件位検索されているフレーズを狙っていくのもいいと思います。

 ちなみに検索数の調べ方ですが僕が使っているサイトで、その言葉が1ヶ月にどれだけ検索されたかを調べることのできるサイトがあります。

上のキーワードプランナーの方は僕は登録していないので、下のaramakijakeの方を使っています。

サイトを開くと検索窓があるので、気になる言葉をそこに打ち込めば簡単に調べることができます。

緑の枠で囲まれたところが検索された件数です。

f:id:kafungakowai2nd:20170818194119j:plain

Yahoo!で4840
googleで3960件となっていますね。

実際googleで調べてみるとトップにくるのは土佐清水市のホームページ。
それより下はホームページが続いたあと、wikiとかがでてきます。
個人のブログはトップページにはありませんでした。

ついでに地元に関係のある他のワードも検索してみました。

ジョン万次郎・・・・・・Yahoo! 24421 google 19980
足摺岬・・・・・・・・・Yahoo!10890  google 8910
清水サバ・・・・・・・・Yahoo!649      google 531
大岐の浜・・・・・・・・Yahoo!793      google 648
足摺テルメ・・・・・・・Yahoo!2090    google 1710
金剛福寺・・・・・・・・Yahoo!969      google 792

ざっと思いついただけ調べてみましたが、そこそこいい感じじゃないですかね?
特に一番上の『ジョン万次郎』に関しては5万件近くあるというのは思った以上に多くてビックリしました。
思わぬ良いものを発見してしまいました。
ちょっと記事の作成になれてきたらジョン万次郎についての記事でも書いてみます。

 

バズる可能性もありえる! 


ネットの世界でバズるという言葉があります。
バズるとは・・・

バズる
 特定の単語や物事がインターネット上で爆発的に多くの人に取り上げられることを意味する語。 TwitterやFacebookなどのSNSで急に話題となった時に用いられることが多い。「 口コミ」という意味のマーケティング用語「Buzz」を動詞化したものと思われる。

               バズるとは - 日本語表現辞典 Weblio辞書

要は、ネット上で流行るということです
まあこれは何がバズるか分からないし、狙い撃ちして確実に当たるものでもないので難しいですが、
一つだけコツがあります!

観光名所や地元の人しか知らないようなスポットを紹介することです!

これは全国どこでもいえることですが、CMなんかで取りあげられた場所は検索数が一気伸びるんですよ。

例えば最近よく聞く『養老天命反転地』
岐阜県にあるテーマパークとのことですが、google mapのCMで一気に有名になりました。

一応CMを知らない人のために

www.youtube.com

このCMをみて、たくさんの方が気になって検索したのではないでしょうか?
僕もかなり気になったのでついつい検索してしまいました。

 そこで、ふとCMが始まってどのくらいの検索数になったのか月間の推移を調べてみました。
すると、思った通りの結果でしたよ。

f:id:kafungakowai2nd:20170818194537j:plain

見てください!
この上がり方!一目瞭然ですね。
だいたいCMが始まったくらいの時期から検索数が伸びていますね。
つまりこれがバズった状態です。
このサイトでは、検索数では表示されていなかったので正確な数字は分かりませんでしたが、ポイントで表されていました。

 7月の中頃に検索のポイントは0ポイントないし1ポイントでした。
それが今現在のポイントは(グラフの点線部分)100ポイントになっています。
分かりづらいですが、グラフ左側に ポイントの数値がありますね。

もしこれが、ライバルのいない自分しか情報を発信していないような地域で起きたとすれば・・・むふふですね。

ちなみに『養老天命反転地』をgoogleで検索してみるとトップにくるのは2017年1月の記事で、個人のブログでした。

きっとたくさんの方が見てるんだと思います。
いいなー。

  

生活費もかなり抑えられる


他に田舎暮らしのメリットとして考えられるいいことは、家賃にしろ食費にしろ出費を抑えられるというのも魅力ではないでしょうか?

あいにく僕は実家暮らしなんで生活費はほぼ0円ですが資料を見るとかなり安く感じますね。

 

住居費


住居費はピンキリだとは思いますが、全体的に都市部よりも安いのは確実なので同じクオリティーでしたら絶対に安くなります。
下のリンクは僕の住んでいる土佐清水の空き家の情報ですが、ほとんどが一軒家での貸しだしです。

それにしても、かなり安いですよ。
例えば、

f:id:kafungakowai2nd:20170818194840j:plain

これなんか2DKで5千円だそうです!
安すぎでしょ!儲けようなんて考えてないくらい安いですね。

さすがにある程度改修が必要かもしれませんが家賃がこの値段というのは魅力的ですよね。
うちの地元だけではなく、空き家の問題は全国的に問題にもなっていますので、安く借りることができます。

もちろん普通のマンションもありますけど、そちらも東京なんかと比べると何分の一という価格で借りることができますよ。

もういっそのこと賃貸とかじゃなくて、買ってもいいんじゃないって感じですが。笑

 

食費も安い

 f:id:kafungakowai2nd:20170817160505j:plain

食費もかなり安くすみますよ。
先日、東京に旅行に行った知り合いと話していて驚いたんですがランチで1500円、ドリンク頼んで600円、最後に軽くデザートを食べて700円。
合計約3000円 !

高い!高すぎる!!
そんなに美味しいわけでもないのにその値段って高すぎるでしょ。
って、そんなお店しかない感じしますね。

高知なら3000円あればマジで居酒屋行けますよ。
少し前にも何人かで行ってそのくらいでしたから。
その上、チェーン店じゃなくて個人経営のお店です。

田舎のおじさんからすると、そんなにオシャレで高くても食べれば一緒なのになー。
と、オシャレのかけらもないようなこと思っちゃいます。

自炊だともっと安くすることは可能です。
農家の方と仲良くなったりすれば、正直ほぼ0円に近づけることも可能だと思います。

そうじゃないにしても、地域のものを売っているお店なんかを使っていけば十分安くなります。

  

次の仕事に繋がりやすい

 
田舎で情報発信をしていると次の仕事に繋げやすいです。
というより勝手に繋がっていきます。
そもそもコミュニティーが狭いので一度コミュニティーの中に入ってしまうとどんどん横の繋がりができます。

ありがたいことに僕自身は前の仕事の繋がりがあるので地元で活動していくには非常にありがたい環境にいます。

また、高知県に限っていえばブロガーにとっては※イケダハヤト氏の存在はかなり大きいと思います。

小さい町だと、そこの地域で力を持っている人とお近づきになりやすいのも魅力ですね。
ブログが、いつか恥ずかしくない程度になればイケダ氏にもお会いしてみたいですね。

※ちなみにイケダ氏のことを知らない方の為に。

プロブロガーの元祖です。
おそらく日本中のブロガーは彼を参考に、彼を目指しているといってもいい位なんじゃないかと思います。

目指すは言い過ぎかもしれませんが少なからずアフィリエイト系のブロガーは気にしていると思いますね。

イケダハヤト - Wikipedia

まだ東京で消耗してるの?

 何か自分で始めるとすれば、先ほど紹介した空き家を使ってゲストハウスもできますし、やはり土地がたくさんあるので農業ができるというのは大きいですね。

そして、ブログでの発信を続けていればブログと自分の仕事がお互いに助け合ってくれますね。
ブログで仕事のことを発信でき、ブログのネタが尽きたら仕事のことを発信する。

理想的なパターンですね。

 

収入も増える!?

 
これはまだ、僕が情報発信を始めたばかりで結果がないので『!?』とさせていただきましたが、増やしたいな。と思いますし、増やしていくつもりです!

だけど、自分の町に情報を発信している人が少ない環境っていうのは、かなりのチャンスだと思うんですよね。
実際のところどうなるかは分かりませんが。

年末には結果がどうなっているのか発表したいので、できる限りこのブログも更新していこうと思います。

 

まとめ


今回の僕の意見をまとめると、

wi-fiが繋がらない田舎でブロガーになるのもメリットがある
なぜなら

・ライバルが少ないからコンテンツが多い。そして、それを独り占めできるので検索流入が増える(バズもありえる)

・生活費も安くなるので、出費が減る

・次の仕事に繋がりやすい

・社会に参加しなくていいのでストレスも減る(追加)

その結果、もしかしたら収入が増えるかもしれない!

という感じで考えています。
実現したらいいんですが、収入が増えるかどうか。これは乞うご期待です。

 

最後に

 
今回の記事はいかがだったでしょうか?
もし、参考になった。面白かった。と思われた方は、
はてなスターや、はてなブックマークよろしくお願いします。
僕の今後のモチベーションにも繋がります。